So-net無料ブログ作成

チャーチル その7 [チャーチル]

Ch7_0630_1.jpg
チャーチルの車体側面ですが、キットの側面パーツをそのまま置き換えられる Mk.VII用パーツを作ろうと思います。

とりあえず昨日から作り始めて、現在こんなところ。

キットパーツ互換で作っているので、裏がけっこう複雑です。
表の細かなディテールは、これからです。

チャーチル その6 [チャーチル]

Ch7_0628_1.jpg
Ch7_0629_1.jpg
ドラゴンの1/72 チャーチルMk.IVです。
車体側面をどうするか考えるために、仮組みしてみました。

しかし、このキット、プラモデルとしてはちょっといまいちです。
誘導輪の車軸は長すぎてつっかえるし、ボスとボス穴の径はあんまり合ってないし‥‥
(ドラゴンといえば、これまでX-1やX-29などの飛行機しか作ったことがないけど、あっちはもうちょっと良かったような‥‥)

とは言え、ユニモデルみたいなシャーシ箱組みよりはかなり楽です。パーツ4つだけでここまでの形になりますし、テープも接着剤も無しで形を保っています。
(もちろん、切ったり削ったりのすり合わせが必要だったわけですが‥)

さて、側面はどうしようかな?

チャーチル その5 [チャーチル]

Ch7_0627_1.jpg
1/72のチャーチルMk.VIIにするには、砲塔だけじゃ全然足りないようなので、次に前面装甲板の3Dデータを作ってみました。

で、上に付いてる2つの出っ張りは何なんでしょ?
タミヤのキットや聖グロ車両に付いてるので、そのように作りましたが、実車の写真では、今のところそれらしき物を見つけることができません。

うーん、ちゃんとした写真を見たい。

チャーチル その4 [チャーチル]

Ch7_0626_1.jpg
チャーチルMk.VIIの砲塔の3Dデータが、ほぼできました。
後は、別パーツにするハッチとか‥‥。

キューポラのあたりは、タミヤは金型の都合で省略してるみたいだけど、3Dプリントにそんな制約は無いので、できるだけ実車に近づけたつもりです。

しかし、この画像だけ見ると、サフ吹きまで終わったみたいに見えますねー。
(もちろんホントは、Mk.VIIの砲塔はまだ影も形もありません)

チャーチル その3 [チャーチル]

Ch4_0624_1.jpg
砲塔の大まかな形状はできたので、次は複雑そうなキューポラを作っています。
そこまでできれば、まあできたも同然かなと。

で、作ったSTLデータの表示には、いつもは[3D Builder]を使っていましたが、
この前のWindowsのアップデイトで、[View 3D]というツールが追加されたので、試しに使ってみました。
ちょっと遠近感を強調した表示のようです。

チャーチル その2 [チャーチル]

Ch4_0623_1.jpg
だいぶ、チャーチルの砲塔っぽくなってきたかなと思います。

が、下のふくらみの形が難しいです。
実車やタミヤのキットの写真を見ながらやっているのですが、「どうも違うなー」って感じです。
うむむーー

チャーチル その1 [チャーチル]

Ch4_0622_3.jpg
Ch4_0622_1.jpg
ネットにあったチャーチルMk.VIIの図と、購入したMk.IVの砲塔の形状を比べたら、全然違いました。びっくりです。
(アハトゥンク・ガルパン2の図との比較を載せておきます)

構成している面の角度が違います。
キットの砲塔は、全く使い物になりません。

ということで、3D_CADで砲塔を作り始めてみました。

チャーチル その0 [チャーチル]

Ch4_0620_1.jpg
模型屋さんに行ったらチャーチルがあったので買ってきました。
ドラゴンの1/72 チャーチル Mk.IVです。

もちろん、聖グロのMk.VIIにしたいわけですが、
・砲塔の下の方を広げて
・車体横のハッチを四角から丸にする
くらいで、それっぽくなるんじゃないかな-?

と思っていますが、まだ細かいところはチェックしてないので‥‥

(最近のドラゴンの1/72は「簡単組立」ですが、こっちに戻ってきて欲しいです)

M3 LEE その4 [M3 Lee]

M3_0616_1.jpg
1/72 M3リーです。

キットにはありませんが、ウサギさんチームのM3リー(劇場版)には、ベンチレーターが3つ付いています。
「さて、どうしよう?」と探したら、エレールのM4A2シャーマンに付いていたので、レジンで複製、とりあえず1つ乗せてみました。

うーん、ちょっと大きい。
もう少し小さくしないと‥‥。

M3 LEE その3 [M3 Lee]

M3_0615_1.jpg
1/72 M3リーです。

キットでは、前面左下に突起物があります。
ウサギさんチーム車両にこれは無いので、ヤスリで削り落としました。

また、この部分はリベットも修正が必要なので、0.4mmのプラ棒でリベットを作りました。
うーん、少し太い??
0.3mmプラ棒は持ってないので、買った方が良さそうです。

(写真では、全部のリベットがきれいになってるみたいに見えますが、照明のせいでそう見えてるだけで、作り直したのは下の3つだけです)